バイクを知る バイクの基礎知識をご紹介します。
TOP > バイクを知る > バイクのタイプについて > バイクのクラスと必要な免許 > おもなバイクメーカー > バイク購入時の費用
バイクのタイプについて
ネイキッド
ネイキッドは「むき出しの」という意味カウル(車体に整流効果をもたらすためのカバー)のない、エンジンがむき出しのオンロードタイプのことです。 クラシカルな中にも個性溢れるスタイルを志向。初級から上級までのバイクライフを応援してくれます。
オンロード
舗装路を走ることを前提に作られたタイプで、スピードの出る設定や舗装路に合うタイヤなどが特長。いままで「ネイキッド」スタイルが主流でしたが、高速道路二人乗り解禁で、風を防ぐカウルを装備したタイプも増えて来そうです。
オフロード
未舗装路を走れるように作られたバイクで、高い車高や未舗装路を走るのに適したタイヤなどが特長。ヤマアウトドア志向のライダーに人気です。もちろん舗装路も走れるわけで、オンオフ両用のバイクもあります。
アメリカン
ハーレー(アメリカ)に代表される、真直ぐな道をゆったりと乗れるタイプのバイクです。低く長い車体のヤマハドラッグスターのようなバイクもアメリカンタイプです。メーカーによっては「クルーザー」と呼んだりもします。
スクーター
足をそろえて乗れてオートマチックで走れるタイプ。ホンダのトゥデイなど50ccが中心ですが、250ccや400ccクラスのスクーターも増えてきました。マニュアルクラッチ機構を併せ持った650ccスクーターなどもあります。
レジャーバイク
コンパクトでかわいい感じのタイプ。ファミリーバイクとも呼ばれ、125cc以下程度で扱いやすいのが特長です。
ビッグバイク
主に大型自動二輪免許で乗れる401cc以上のバイクを指します。最近は1400ccのスズキGSX1400など、ナナハン(750cc)を大きく超える排気量のバイクも少なくありません。
ストリート
平らなダートトラックを走らせる競技車をイメージしたタイプで、スズキのグラストラッカーのように外観はほとんどオフロードタイプですが、ストリートバイクとして、主に街乗り用に使われています。
セレクトショップ